2017/04/11

Babyface ProとAudirvana Plusでお手軽ハイレゾ・オーディオ・リスニング

 このエントリーではRMEのオーディオ・インターフェイスではもっともコンパクトな「Babyface Pro」と、Mac用ハイレゾ再生ソフトの定番「Audirvana Plus」を使って、「お手軽にハイレゾ・オーディオ・リスニングを楽しもう!」をコンセプトに、ドライバーのインストールからソフトの設定まで、ステップ・バイ・ステップの簡単操作マニュアルをご紹介いたします。

「Babyface Pro」以外のオーディオ・インターフェイスをお使いでも、操作方法や設定方法はほとんど同じなので、是非、Macでのハイレゾ・オーディオ・リスニングのご参考にしてみてください。

Babyface Proのセットアップ


※インストールの際にMacの再起動が必要になります。作業中のファイルなどは事前に保存を行ってください。

  1. https://synthax.jp/support.html にアクセスし、「ダウンロードはこちら」をクリックします。

  2. 左側のメニューから「USB」→「Fireface / Babyface Mac」をクリックします。


  3. 右側の「ダウンロード」をクリックし、ダウンロードを開始します。 
  4. ダウンロードが完了したらウインドウ左下の「driver_usb_mac_301.zip」をクリックします。

  5. zipファイルが解凍され「Fireface USB Driver v3.01」というフォルダができるので、中にある「Fifeface USB.pkg」をダブルクリックします。

  6. 「Fireface USB Driverのインストール」画面で「続ける」をクリックします。

  7. インストール先のディスクを選択して「続ける」をクリックします。(通常は初期設定のまま「続ける」で問題ありません)

  8. インストール先のフォルダを選択して「インストール」をクリックします。(通常は初期設定のまま「インストール」で問題ありません)

  9. インストールの際にMacのパスワードを聞かれた場合は、パスワードを入力して「ソフトウェアをインストール」をクリックします。

  10. インストールの際にMacの再起動が必要になります。問題がなければ「インストールを続ける」をクリックします。

  11. インストールが完了したら「再起動」をクリックします。

MacとBabyface Proの接続

  1. Macの再起動が完了したら、Babyface Proに付属するUSBケーブルでMacとBabyface Proを接続します。

  2. 接続が行われると自動的に「TotalMix FX」と「Fireface USB Settings」が起動します「TotalMix FX」「Fireface USB Settings」ともにデフォルトのままご使用いただけます。

  3. Macの「環境設定」を開きます。

  4. 「環境設定」の中から「サウンド」をクリックします。

  5. 「サウンド」の中の「出力」から「Babyface Pro」を選択します。(製品名の後の数字はシリアルナンバーに紐づくため、環境により異なります)

Audirvana Plus 3のインストール

  1. https://audirvana.com/ にアクセスし、サイト上部の「Try Now」をクリックします。

  2. サイト下部の「I fully agree with the above terms」をクリックして、アプリケーションのダウンロードを開始します。

  3. アプリケーションのダウンロードが終了したら、ウインドウ左下の「AudirvanaPlus_3.0.3.dmg」をクリックします。

  4. 「agree」をクリックします。

  5. 画面内の指示に従い「Audirvana Plus」を「アプリケーション」フォルダにコピーします(「Audirvana Plus」のアイコンを「Applications」フォルダにドラッグ&ドロップします)

  6. 「アプリケーション」フォルダにコピーした「Audirvana Plus」をダブルクリックします。

  7. 確認のダイアログが表示されるので「開く」をクリックします。

  8. ライセンスについての確認ダイアログが表示されるので、ここでは「Request Trial」を選択します。(ライセンスをすぐ購入する場合は「Buy Now」を選択します)

  9. トライアルでのご利用は15日間限定です。継続的にご利用いただく場合はソフトウェアの購入が必要です。

Audirvana Plusへオーディオファイルを取り込む

  1. 「Audirvana Plus」を起動するとオーディオデバイス選択画面が表示されます。プルダウンメニューから「Babyface Pro」を選択し「Next」をクリックします。

  2. オーディオファイルのインポート画面が表示されるので「+」をクリックします。

  3. オーディオファイルを納めているフォルダー(画面の例では「ピアソラ」)を選択し「Open」をクリックします。

  4. 選択されたフォルダーがインポート画面に表示されますので、問題がなければ「Next」をクリックします。

  5. ストリーミングサービスの選択画面が表示されますが、日本では使用できないため何も入力せずに「Next」をクリックします。

  6. セットアップ終了の画面が表示されますので「Close」をクリックします。

  7. Audirvana Plusのメイン画面が表示されます。

Audirvana Plusの詳細な設定

  1. 「Audirvana Plus」メニューから「Preferences...」を選択します。

  2. 「Audio System」パネルを選択し、「Low level playback options」は「Direct mode」以外を「on」にします。「Direct mode」を「on」に設定するとオーディオファイルを読み込むことができなくなります。(再生時にエラーが表示されますので、その場合、DirectModeをOFFにしてAudirvanaを再起動してください。)

  3. 「Maximum Memory allocated for tracks pre-load」の項目ですが、PCに搭載されているRAMに対してどの位のメモリ領域をオーディオのPre-load(つまりバッファ)に当てるかというスライダーになります。当然できるだけオーディオのPre-loadに割り当てたいのですが、反面、残りの領域でその他の処理を行うことになるので、その部分の処理がオーバーフローしてしまうと、それに引っ張られてAudirvanaも音飛びやノイズなどを出すようになります。環境に応じてベストなスライダー位置を見つけるようにしてください。

  4. 「Audio Filters」パネルでは「iZotope 64-bit SRC」でQuality「Best」を選択します。

  5. 「Audio Volume」パネルは再生音量をソフト側でやるか、DAC側でやるか選択できます。ここでは「DAC only」を選択しています。その際の音量調整はBabyface Proの「OUT」を選択し、ジョグダイアルから調整可能です。

  6. 「AudioUnits」パネルからエフェクトを選ぶことができます。プルダウンメニューからエフェクトを選択後、「Configure」から詳細に設定を行うことができます。

  7. 「SysOptimizer」パネルから、どの程度オーディオ再生にシステムを最適化するか選択できます。ここでは最大の「Extreme」を選択し、検索機能(Spotlight)やバックアップ機能(Timemachine)、他のUSB機器の使用もOFFにしています。また「Extreme」に変更した際、最初の再生時に「SysOptimizer」のインストールを求められますので「install」を行ってください。

  8. メニューの「iTunes Integrated Mode」を選択するとiTunesとAudirvana Plusを連携させることができます。「iTunes Integrated Mode」ではDockのAudirvana PlusアイコンにiTunesのアイコンが付与され、アプリケーションウインドウのデザインがオーディオ機器を模したものに変更されます。

2016/08/24

RME TotalMix FX 1.31の「DAWモード」

RMEのオーディオ・インターフェイスに標準搭載される柔軟で強力なデジタル・ミキサー「TotalMix FX」 がバージョン1.31に更新され、新たにDAWモードが追加されました。
フル・モード
全入力とソフトウェア再生チャンネルを
全出力へ自由自在にルーティング、ミキシング



DAWモード
入力フェーダー、再生チャンネルの
ルーティング機能が無効化された簡易モード

柔軟なモニタリング環境を自在に素早く作成するにはTotalMix FXのルーティング / ミキシング機能をフル活用するのが便利ですが、TotalMix FXのルーティングが1対1で固定されたシンプルな状態で、お使いのCubase / Studio One / Protools / Ableton Live / Logic等のDAW内のI/O設定やミキサーを使用してモニタリングやルーティング環境を作りたい場合には、今回追加された「DAWモード」を活用できます。

DAWモードでは、TotalMix FXのルーティング機能がオフになり、入力フェーダーもソフトウェア再生チャンネルも省かれ、ルーティングは常に1対1(例えば、再生チャンネル1は出力1へ、再生チャンネル2は出力2へ、3は3へ...etc.)に固定された状態の簡易モードでTotalMix FXが立ち上がります。設定できるのは、入力ゲイン*、ファンタム電源のオン/オフ*、ハードウェア出力レベルだけになります。
*入力ゲインやファンタム電源のオン/オフ設定をSettingsダイアログで行う製品は除く。

もちろん、フル・モードでも1対1のルーティングを行えますが(TotalMix FXメニュー:Options > Reset Mix > Straight Playback)、DAWモードはTotalMix FXを極力意識しないまま、DAW側でモニタリングやルーティング環境を作成して作業したいユーザーのために新たに追加されました。

 下はDAWモード画面の各機能です:

DAWモードを使用するには、TotalMix FX 1.31を搭載する最新のドライバーをインストールする必要があります。ダウンロードはこちらwww.synthax.jp/drivers/

以上、TotalMix FXのDAWモードをご紹介しました。 多様なユーザーの音楽環境やワークフローに柔軟に対応できるように、常日頃からRMEの技術者達がドライバーやTotalMix FXの改善の努力を重ねていることは、機材を日常的に使う上での安心感にもつながりますね! DAWモードへの変更手順は以下で説明していますので、どうぞご覧ください。




TotalMix FX - DAWモードへの変更手順


最新のドライバーでTotalMix FXをver1.31に更新したら、TotalMix FXメニューからDAWモードに変更できます。



Windowsの場合 

  1. TotalMix FXメニューの Option > Operational Mode... を選択すると、オペレーション・モードの変更画面が表示されますので、 ”Digital Audio Workstation Mode - straight playback routing, no input m(DAWモード - 1対1のプレイバック・ルーティング、入力モニタリングなし)” を選択してOKを押します。 
  2. 次に“Do you really want to change to DAW mode? All routing settings will be reset(すべてのルーティング設定が初期化されます。本当にDAWモードへ変更しますか?)”と表示されますので、OKを押します。 
  3. TotalMix FXがWindowsの通知領域内に最小化された状態でDAWモードで再起動されます(TotalMix FX画面を表示させたい場合は、Windowsの通知領域内にあるTotalMix FXの小アイコンをクリックします)。 
※ 通常のフル・モードに戻すには、手順1で”DAWモード”ではなく、”Full Mode - Mixer active, all routing options available(フル・モード - ミキサー / ルーティング機能がすべて有効)”を選択して同じ手順を繰り返します。 

Macの場合 

  1. TotalMix FX上部メニューの Option > Operational Mode... を選択すると、オペレーション・モードの変更画面が表示されますので、”Digital Audio Workstation Mode - straight playback routing, no input m(DAWモード - 1対1のプレイバック・ルーティング、入力モニタリングなし)”を選択してOKを押します。 
  2. 次に“Do you really want to change to DAW mode? All routing settings will be reset(すべてのルーティング設定が初期化されます。本当にDAWモードへ変更しますか?)”と表示されますので、OKを押します。 
  3. ”Please quit and re-start TotalMix FX to make this change effective(変更を反映するにはTotalMixを再起動してください)”と表示されますので、TotalMix FXメニューのTotalMix FX > Quit TotalMix FX(Cmd+Q)を選択して終了し、アプリケーション・フォルダー内のTotalMixアイコンをクリックして再起動します。  
※ 通常のフル・モードに戻すには、手順1で”DAWモード”ではなく、”Full Mode - Mixer active, all routing options available(フル・モード - ミキサー / ルーティング機能がすべて有効)”を選択して同じ手順を繰り返します。